高級賃貸の家賃に見合った設備とサービス

ホテルのような設備を備えた高級賃貸


高級賃貸マンションは都市部などで多く見かけることができます。
超高層マンションで景色が美しいものや、一等地に建てられていたりと、それぞれに特徴があります。
ワンフロアーにある世帯数が少なく、中にはワンフロアー全部を使用できる物件などもあります。
また、一回にはフロントがあり、コンシェルジュがいる、まるでホテルのようなマンションもあるのが特徴です。
コンシェルジュのいるマンションは、そうでないマンションに比べてやはり家賃が高くなる傾向があります。

高級賃貸マンションの家賃

家賃は数十万円から数百万円までさまざまなものがあります。
フロアーの広さやマンションが建っている場所の条件、設備などによって家賃は変わってくるようです。
施設も、マンションごとにさまざまなものがあります。
共有のシアタールームやフィットネスルームなどがあったり、温泉施設があるものなどもあります。

法人契約の部屋も多数あります

一般の分譲マンションを購入した時のローンよりはるかに高い家賃のものが多くありますが、メンテナンスやその他の事を考える必要がないのは賃貸ならではの特徴です。
会社で借りていて、海外の主要な顧客の宿泊施設や重役などの宿泊場所として利用している例などもあります。

都心の一等地にあるため、住んでいること自体がステータスとなっています。

数百万円の家賃の超高級マンションなどは、敷金、礼金なども併せて考えると数千万円の年収がないと入居するのは大変かもしれませんが、数十万円ならば入居できるという人もいるでしょう。
立地条件によっては、数十万円の家賃でもコンシェルジュのいる高級賃貸マンションもあります。
高級賃貸マンションを検索できるサイトなどで、地域や条件をしぼって探すと希望に近いものを早く見つけることができます。